いわえのぐ
絵を描きながらのんびり綴る日々のブログ

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
音楽二題 2011.07.17 Sunday


大磯音楽祭が開催されています。
会場=すとれんじふるうつ 大磯町東小磯151 Tel:0463-61-7338
会期=7月15日、16日、17日、18日
     毎日演奏者や曲目が変わりますのでお問い合わせください。

今日は、みほちゃん、かほちゃんのお父さん率いる Goggle ManのJAZZを聞きました。


       
                          菊田さんの作品
   
   BSーJapanで    
   バイオリンの聖地クレモナへ 
   ストラディヴァリウスに見せられた日本人たち
  
 が映されているのを見ました。
   知人のバイオリン職人菊田浩さんのヴァイオリン製作の様子が紹介され、
   バイオリニスト川久保賜紀の演奏を通して楽器の精度を高めてゆく様が
   詳しく紹介されていました。

   誰しも憧れを持つ、イタリア・クレモナのバイオリンは長い伝統と歴史の中で
   様々な努力の上に成り立っていることを知る良い放映でした。

   楽器を作るのは職人で、音を作り出すのは演奏家であることを伝える番組でした。
| 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | odori |
癒しの歌姫 ケルテイック・ウーマン 2011.04.01 Friday
     

     
         
     東北地方太平洋沖地震、そして福島原発事故と
     不安定で、暗い状態が続く世の中。
     
     そんな中で聞く
     ケルテイック・ウーマンの歌声はなんと美しいことか。
     アイルランドのケルト人の歌姫たち。

     彼らの美声は混濁した今の世を生きなければならない私たちにとって
     かけがえのない癒しの泉です。
     
     暗闇の中からわれらは現れた
     夜を越えて
     この新しい地でのすべての朝の始まり
     太陽が出て朝霧が晴れた時
     我らは荒波のように
     陸の上に立ち上がった
     今 我らはその新しい地の民となった
| 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | odori |
宮本麻理ピアノリサイタル 2009.10.04 Sunday


宮本麻理さんのピアノリサイタルに出かけてきました。
ベートーヴェンのピアノソナタ3曲。

二年半ぶりの演奏をじっくり聴いて大満足。
力みが取れて、おもう存分自己を表現する秀逸な演奏を楽しんだ。
とりわけ、第31番はベートーヴェンの深遠な精神世界を見事に表現。

優れた表現は技術ではなく、精神の浄化から引き起こされることを実感。
心から拍手を送りたい見事な演奏会でした。
| 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | odori |
宮本麻理ピアノリサイタル 2009.10.03 Saturday
       

宮本麻理さんがピアノリサイタルを開きます。
10月4日2時開演
東京浜離宮朝日ホール

演奏曲目: 第28番 イ長調 作品101
       第30番 ホ長調 作品109
       第31番 変イ長調 作品110

インドで知り合った友人で哲学者の妻、宮本麻理さんは、
これまで主としてショパンの演目を多く発表してきましたが、
今回はベートーヴェンのピアノソナタを選曲。
気迫溢れる魂の演奏が期待されます。

狂おしいまでの苦悩と憂愁に打ちひしがれるなか、
べ−トーヴェンはインドの哲学詩篇に邂逅する。
その確かな内省の上に紡がれた新たな芸術世界。
深い幻想の中から豊かで美しい旋律が立ち上がる28番、
幻想のなかから自由な曲想が湧き出る30番、
そして、深い思索をたたえる31番のピアノソナタとともに、
後期の哲学的な創作時代が幕を開ける。
                (リーフレットから)
| 音楽 | comments(5) | trackbacks(0) | odori |
| 1/1 |